コラム
COLUMN

ハイスイ広島のコラムになります。
「トイレの水が流れなくなった」、「蛇口を捻っても水が出てこない」、
「排水口の水が流れが弱くなった」など水のトラブルでお困りの際は、
つまり・排水管の専門職人のハイスイ広島にお任せください!
24時間、365日、年中無休で営業しております。

トイレ

バリウムがトイレにつまって流れない!その理由やつまりの対処法とは?


バリウムがトイレにつまって困っていませんか?バリウムは、健康診断や消化器官の検査時に用いられるもので、バリウム検査とも言われます。このバリウムが排泄物に含まれていると、トイレで用を足す際に、残って流れなくなることがあります。

そのため、バリウムが流れない理由や予防策を把握しておく必要があります。では、具体的にどのような対処法や予防策があるのでしょうか?そこで今回は、バリウムがトイレに残って流れない場合の理由やつまりの対処法について解説します。

バリウムがトイレでつまって理由

バリウムは、硫酸バリウムと呼ばれる物質を中心にできています。バリウムが含まれている排泄物は、通常の排泄物とは異なる特徴を持つため、トイレで流れにくくなります。

では、何故バリウムが含まれた排泄物はトイレで流れにくいのでしょうか?ここでは、バリウムがトイレで流れない理由について解説します。

バリウムが水よりも重い
バリウムは金属性であるため、通常の水よりも重く、人間の排泄物よりも重いのが特徴です。そのため、水に浮かぶことなく沈んでしまうことで、底に付着して流れにくくなります。

バリウムが固形化してしまうから
健康診断などの検査時には液体で用意されますが、内臓を通過するとともに固形に変化するため、排泄されるタイミングでは固形の状態で排泄されます。

バリウムは、固形化する上、冷えて固まりやすい上、粘り気もあるので、便器にこびりついて除去しにくい汚れへと変化してしまいます。

節水に特化したトイレで使用しているから
水道代を抑えられる上、環境にやさしいとされるのが節水型のトイレです。節水型のトイレは、通常のトイレに比べて水の勢いが弱く、水の量も少ないのが特徴です。そのため、重さがあるバリウムを流し切ることが難しくなり、結果的に便器にこびりついて残ってしまいます。

バリウムがトイレに残る場合の対処法

バリウムがトイレに残ったままの状態で放置し続けていると、冷えて固まり除去しにくくなってしまいます。そのため、バリウムを対処する方法をマスターし、便器に残らないようにしましょう。

バリウムが残らないようにするための対処法には、自宅にあるもので手軽に作業できるものから薬剤を使用した方法までいくつかパターンがあるため、まず手軽にできる方法から実践し、バリウムを素早く対処しましょう。

では、主にどのような方法があるのでしょうか?ここでは、バリウムがトイレに残る場合の対処法について解説します。

ぬるま湯で対処する
バリウムが冷えて固まってしまった場合は、ぬるま湯を使用してふやかすことで対処できます。バリウムには、40℃から50℃程度に温めたお湯が効果的です。バケツ一杯分用意しておくと安心です。

ぬるま湯を流す際は、バリウムに直接かけていきます。一回では除去しきるのが難しいため、複数回チャレンジして対応しましょう。

ゴム手袋とブラシを使用して対処する
便器についたバリウムには、ゴム手袋とブラシを使用した方法も効果的です。ポイントは、直接ブラシでバリウムをこするのではなく、まずは、取れる範囲でゴム手袋を着用した状態で手で取り除きましょう。

ある程度のかたまりを手で除去できたら、実際にブラシでバリウムの残りをこすります。バリウムが小さく細かくなればブラシで除去しやすくなるため効果的です。

ただし、ブラシを使用する際は、固いブラシや金属製のブラシは、便器を傷つけてしまう恐れがあるため使用しないようにしましょう。

柔らかいブラシで作業することで、時間はかかってしまいますが、手で取れる範囲での除去を試しながら根気よく作業することがコツです。

割り箸を使用して対処する
割り箸を使用する方法もバリウムの除去に効果を発揮します。割り箸を使用して対処する場合は、特に水やぬるま湯は必要ないですが、便器を直接こすって傷をつけないように慎重に作業しましょう。

割り箸を使用する方法は、大きなバリウムに効果的であり、細かいバリウムの対処にはあまり向いていません。そのため、その他の方法と併用して試すのもおすすめです。

酸性の洗浄剤を使用して対処する
バリウムには、酸性の洗浄剤も効果が期待できます。特に、対処してもまだ残っているバリウムの汚れや水がバリウムによって濁り続けている場合に効果的です。

洗浄剤は、通常トイレ掃除で使用するもので問題ありませんが、中性洗剤や塩素系の洗浄剤は避けましょう。

まず初めに、少しずつ洗浄剤をバリウムに直接かけていき、バリウムをふやかします。その後、必要に応じてブラシでこすって除去して洗い流しましょう。洗浄剤を使用する前に、一度ぬるま湯をかけておくとさらに効果を発揮します。

バリウムを取り除いても白く水が濁っている際には、水が溜まっている範囲にバリウムが残っている可能性が考えられます。この場合は、水の上から直接酸性洗剤を流し、数十分つけおきしてから洗い流しましょう。

つまらせないために予防策を講じておこう!

トイレでバリウムによるつまりを発生させないためには、日頃から予防策を講じておく必要があります。

事前に予防しておくことで、掃除の手間や時間を大幅に削減できるためおすすめです。ここでは、つまらせないための予防策について解説します。

便器に掃除シートやトイレットペーパーを敷いておく
バリウムを残さないためには、便器に直接触れないようにさせるのがポイントです。そのため、用を足す際に、便器に掃除シートやトイレットペーパーを敷いておくことで直接便器とバリウムが触れるのを防ぎます。

ただし、水溶性のペーパーやシートでないと余計に流れにくくなってしまうため、必ず使用するものが水に溶けやすいかを確認してから使用しましょう。

水を多めに飲んでから用を足す
バリウムが固まりにくくするためには、水を多めに飲んでから用を足すのがポイントです。排泄物に多くの水分を含むことで、便器にバリウムが付着しにくくなり流れやすくなります。

また、水を使用した方法で、水洗のレバーをひねって水を少し出しながら用を足すのもおすすめです。
水を流すことで、排泄物に水分が含まれることになるため、事前に水を多く飲んでおく方法と同様の効果が得られます。

まとめ

この記事では、バリウムがトイレに残って流れない場合のその理由や対処法について解説しました。バリウムを服用したあとにトイレでトラブルを起こさないためにも、対処法を正しくマスターしておきましょう。

また、バリウムを服用する予定のある場合は、事前に予防を行いましょう。バリウムが付着してしまった際の掃除や予防には、どちらもコストがかかってしまいますが、付着した際の解消にかかる労力を大幅に抑えられます。

この記事を参考にして、バリウムを服用した後のトイレの使用方法を見直すきっかけにしてみてください。

ページトップへ