コラム
COLUMN

ハイスイ広島のコラムになります。
「トイレの水が流れなくなった」、「蛇口を捻っても水が出てこない」、
「排水口の水が流れが弱くなった」など水のトラブルでお困りの際は、
つまり・排水管の専門職人のハイスイ広島にお任せください!
24時間、365日、年中無休で営業しております。

お風呂

浴室の排水口がつまりを繰り返す!改善・予防方法は?

浴室は、水アカや髪の毛など汚れやすいポイントがいくつかありますが、その中でも特に汚れやすいのが排水口です。汚れを放置することや掃除を定期的に行っていないと、汚れやゴミが蓄積されてしまいつまりを繰り返してしまいます。

繰り返す排水口のつまりをなくすためには、改善策や予防方法を押さえておく必要があります。では、具体的にどのような方法でつまりを解消すれば良いのでしょうか?そこで今回は、浴室の排水口がつまりを繰り返してしまう際の改善策や予防方法について解説します。

お風呂の排水口がつまりを繰り返す!原因は?

まず、お風呂の排水口のつまりの原因を把握しておくことが大切です。主に、カビや水アカといったシャワーから浴槽から出た水によって発生するものと、ボディソープや洗髪の際に出る石鹸のカスや髪の毛があります。

カビや水アカにとって、高温多湿な浴室の環境は繁殖するに最適な条件が揃っています。壁や床などの目に見える場所に繁殖している場合は目で見て確認できますが、排水口の中はあえて覗かないと見落としてしまうポイントです。

石鹸のカスや髪の毛は放置しておくとヌメりを発生させてこびりついてしまいます。また、女性など髪の毛が長い人が使用している場合、絡まって取りにくいケースもあります。

髪の毛以外の部分にも人体から出る汚れとして、皮脂汚れがあります。皮脂汚れも髪の毛と同様、放置しすぎると固まって掃除しても対処しにくくなります。

このように、様々な汚れが原因で排水口のつまりを引き起こしてしまいます。日頃から、汚れ具合をチェックして必要に応じて汚れを解消しておくことが大切です。

お風呂の排水口のつまりを自分で直す方法

お風呂の排水口の汚れにはいくつか種類がありますが、排水口のつまりは自分で直すこともできます。ただし、排水口のつまりの原因によって対処方法が異なるので注意しましょう。間違った方法で直そうとすると、かえって悪化させてしまう可能性があります。

では、主にどのように排水口のつまりを直せば良いのでしょうか?ここでは、排水口のつまりの対処方法を解説します。

ラバーカップを使用した対処方法
トイレのつまりでよく使用されるラバーカップ(スッポン)を使って排水口のつまりを解消できます。ただし、浴室の排水口のサイズは各家庭によって異なるので、適したサイズのラバーカップを用意するようにしましょう。

まずは、排水口の水圧が抜けないようにするため、浴槽の排水栓を閉めておきましょう。その後、ラバーカップが少し浸かる程度に水を溜めて排水口を覆いかぶせるようにセットします。ラバーカップを動かす際は、ゆっくり押し込み素早く引き上げるということを意識しながら作業しましょう。

この作業を何回か繰り返すことで排水口のつまりは解消されます。注意点としては、ラバーカップを使用する際に強く押し込んでしまうケースがありますが、押し込む時にはなるべく圧力をかけないことがポイントです。押し込む時と引き上げる時とで緩急をつけながら作業しましょう。

重曹とクエン酸を使用した対処方法
排水口のつまりは、重曹とクエン酸を使用した方法でも対処できます。特に、排水口のつまりが酷くない初めの段階であれば、この方法で解消できる可能性があります。まずは、封水筒までの部品を全て外して、排水トラップに封水がしっかり張られていることを確認します。

封水が確認できたら、重曹100グラムとクエン酸50グラムを排水トラップに入れます。発泡作用が働き泡が出てくるので、約30分間放置してつけておきます。最後にしっかり水で洗い流して、部品を元の順番に取り付ければ作業完了です。
重曹とクエン酸を使った方法は、塩素系のクリーナを始めとした薬品を使うよりも臭いが少なく安全に活用できます。また、パイプクリーナを使用しても同等の効果が得られます。

お風呂の排水口のつまり修理を業者に依頼する費用は?

排水口のつまりにおいて、自分で解消できない場合や臭いや汚れが取り除けない場合は、修理業者に修理を依頼しましょう。
その際、気になるのは費用相場です。作業方法によって費用が変動するので、事前に確認しておきましょう。一軒家であれば問題ないですが、賃貸アパートや分譲マンションなどの集合住宅の場合、排水管が全世帯で繋がっているケースがほとんどです。

無断で修理すると他の世帯へ迷惑をかけてしまうことも考えられるため、修理前にそれぞれの管理組合や大家などに相談するようにしましょう。

修理にかかる費用相場は、薬剤を使用した場合で約6,000円から1万5,000円、トーラー機を使用した場合で約7,000円から1万8,000円、圧力ポンプを使用した場合で約8,000円から3万円、高圧洗浄機を使用した場合で約1万5,000円から5万円かかると考えておきましょう。

家庭によっては、業者に依頼しなくても高圧洗浄機などの専用マシンがある場合もありますが、排水口のつまりの解消目的で使用する際、専門的な知識が必要なので使用しないようにしましょう。

業者に修理を依頼する際には、事前に相見積もりを取ることを忘れずにしましょう。作業内容は同じでも業者によって設定料金が異なる場合があるからです。追加料金の発生や高額請求されないように、複数の業者に見積もりを依頼して内訳を確認した上で選ぶようにしましょう。

また、複数の業者を比較する時間がない場合は、一括で見積もりができるサイトもいくつかあるので活用するのがおすすめです。

水道業者を選ぶ際のポイント

水道業者を選ぶ際のポイントがあるので押さえておきましょう。まず、基本料金のみを掲載している業者に依頼するのは避けましょう。見積もりを依頼する際にもポイントになりますが、追加費用の発生を防ぐため、明確な料金を詳細に把握しておきましょう。

これにプラスして、排水口の状態を確認するための現場検証も行っておくのがおすすめです。排水口のつまりの度合いによって作業内容が変動します。そのため、現場検証をして確認してもらうことで実際に明確な費用を提示してもらいやすくなります。

依頼する業者が、損害賠償保険に加入しているかどうかもチェックしておきましょう。これは、もし作業中に部品などを破損させてしまった場合に適用される保険です。賠償が適用される範囲も含めて確認しておきましょう。

まとめ

浴室の排水口のつまりは、工夫次第で自分でつまりを解消できます。自分で対処する際には、準備する物や労力はかかりますが、業者に依頼する際の費用を大幅に抑えることができます。自分で対処できない場合でも無理矢理解消させようとせず、早めに業者に依頼して対応してもらうことがポイントです。

また、浴室は毎日使用する場所です。そのまま放置していることで、つまりの症状がさらに悪化してしまいます。水が流れなくなって使い物にならなくなる前に対応しましょう。

排水口のつまりを防止するには、日頃から手入れをしておくことが何より大切です。業者に依頼しなくても、パイプクリーナなど道具を買い揃えるだけでも費用は発生してしまいます。浴室を使い終わったらその都度髪の毛を取り除いておくなど、掃除を習慣化しておくことで排水口のつまりを未然に防ぐことができます。

気持ちよく浴室を使い続けるために、排水口の汚れには常に気を配っておきましょう。

ページトップへ