コラム
COLUMN

ハイスイ広島のコラムになります。
「トイレの水が流れなくなった」、「蛇口を捻っても水が出てこない」、
「排水口の水が流れが弱くなった」など水のトラブルでお困りの際は、
つまり・排水管の専門職人のハイスイ広島にお任せください!
24時間、365日、年中無休で営業しております。

お風呂

お風呂のつまりを業者に頼んだときの費用はいくら?業者の選び方も

お風呂は、毎日の疲れを取るのに欠かせない癒しの空間です。そんなお風呂ですが、栓を抜いても水が流れていかないという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。そのような症状が現れた時は、つまりを起こしている可能性があります。

つまりを放置すると悪臭も放つことになるので、早急に対処しなければなりません。
本記事では、お風呂のつまりが起きた際に業者へ依頼するとどのくらいの費用がかかるのか、業者選びの仕方などを紹介していきます。

お風呂のつまりを業者に頼んだときの費用

お風呂のつまりを業者に依頼すると平均40,000~50,000円かかります。同じ業者でもつまりの度合いによって変動があるため、正確な費用を知りたい方は事前に見積もりを取ってもらうとよいでしょう。

浴室のつまり除去を業者に依頼すると、一般的に基本料・出張料・作業料・特殊作業料・部品料が発生します。基本料はどの業者にも設定されている料金で、この基本料金に他の料金が追加で加算されて支払額が決まる仕組みです。

出張料は、業者の営業所がある地域から依頼主の自宅までの距離で決まります。そのため、遠方であればあるほど料金がかかってしまいます。できるだけ自宅から近くに営業所がある業者に依頼をした方が出張料を抑えられておすすめです。

作業料も、作業する内容によって大幅に費用が変わります。つまりの原因となるものが手の届きにくい場所にあったり、ひどくこびりついたりした状態だと通常よりも費用が高くなるでしょう。

特殊作業料はひどいつまりがある場合に使用する薬剤やクリーナー、高圧洗浄機などにかかる料金です。また、高圧洗浄機を使用する場合、配水管の長さによっても費用は変動します。

部品料に関しては、破損や交換が必要な場合にのみかかる費用です。この他にも、キャンセル料がかかる業者もあるので注意してください。アフターフォローが有料の業者もあります。

業者に依頼するメリットとデメリット

業者に依頼すると生じるメリット・デメリットは多かれ少なかれあります。まず、大きなメリットとしては、知識や実績のあるプロに任せることで安全に作業してもらえるということです。

また、確実につまりを解消できます。つまりの症状が軽い場合は自分で対処することも可能ですが、対処の仕方を少しでも間違うと事態を悪化させてしまうかもしれません。水漏れが発生してしまうと、他の部屋にまで被害を出してしまう恐れもあります。

このような点を考えても、少しでも自分で行うことに不安がある場合は迷わず業者へ依頼したほうが安心できるでしょう。業者に依頼するデメリットは、業者選びを間違ってしまうことがある点です。

業者選びをする際は、必ず複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。1社に絞って見積もりを取ると、相場以上の料金を提示されてしまったり、サービス内容が家庭に適したものでなかったりしても気づけない場合があります。

また中には何かと理由をつけて追加料金を請求してくる、悪徳な手法をとる業者もあるため注意が必要です。作業を開始してから、見積もりではじめに提示した料金に追加して料金を請求してきます。

見積もりをとった時点であとから追加料金がかかる可能性について確認しておくのも良いでしょう。いずれにせよ、いくつかの業者に見積もりを依頼すれば、ある程度の相場やサービス内容などをしっかり確認することが可能です。そうすれば、信頼できる業者に作業を任せられるでしょう。

業者に依頼するときのポイント

業者に依頼する際には、事前にネットなどの口コミを参照して業者の評価を確認することをおすすめします。明らかに問題のありそうな業者であれば、口コミを見ただけでわかることが多いので、その段階で選択肢から除外したほうが無難です。

また、1つの業者だけで決めるのではなく、必ず複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。特定の業者しか見ていないと価格設定の相場やサービス内容などを比較できないため、高額の料金を提示されても気づかないまま損をすることになりかねません。

できるだけ費用を抑えたい方が多いのではないでしょうか。サービス内容に見合った料金を提示してくれる業者を選ぶことも費用を抑えるポイントとなります。

複数の業者から見積もりを取ることによって料金や内容を比較でき、それぞれの家庭に最も合うプランを提案してくれる業者を選べます。

お風呂のつまりは自分でも対処できる?

お風呂のつまりは、軽いものだと自分で対処できる場合もあります。最近のお風呂に多いユニットバスは、浴槽と洗い場の排水口は共通です。そのため、洗い場の排水口に石鹸かすや髪の毛、ゴミなどが詰まると浴槽でもつまりが起きてしまいます。

比較的手入れがしやすい洗い場の排水口の掃除を定期的に行うことで、浴室全体のつまり発生防止ができます。一般的に浴槽も洗い場も髪の毛が原因のつまりが多いです。

髪の毛には、髪の毛を溶かす効果のある塩素系の排水管洗浄剤を使用することをおすすめします。他にも皮脂や垢には重曹、シャンプーなどの石鹸カスにはクエン酸の使用が効果的です。

また、あらかじめ洗い場の排水口には、市販で売られているヘアキャッチャーを装着すると掃除が大変楽になります。水と共に流れてきた髪の毛をまとまりやすくなるような構造となっており、髪の毛を取り除きやすくするおすすめのアイテムです。

この商品はホームセンターや100均で簡単に手に入るので、使用してみてはいかがでしょうか。次に完全につまりが起きてしまった時の対処法を確認しましょう。

排水口の形状は「ドラムトラップ型」と「ワントラップ型」があります。それぞれ対処の仕方が異なるので下記で紹介していきます。

まず、ドラムトラップ型の対処法です。はじめにフタを外し、筒状の排水パイプを外します。そして、つまりの原因となっている異物を取り除きましょう。この時に道具や洗剤などを使用すると作業がスムーズです。

異物をきれいに取り除いたら、シャワーで水を一気に流しましょう。その後、浴槽に水ためて栓を抜いても水の流れに異常がなければ完了です。

そしてワントラップ型の対処法です。はじめにフタを外し、排水管を覆っている筒を外します。ドーナッツ型のような排水管の溝にたまった異物を取り除けば完了になります。

このように排水口の形状に合わせた対処法を覚えておくと、いざという時に役立つのではないでしょうか。また、この作業を日頃から定期的に行うことで、つまり防止にもなります。

まとめ

お風呂のつまりを放置すると汚れは蓄積され、症状は悪化します。水の流れが悪くなるのはもちろん、排水口から水が溢れてしまうこともあります。そのような事態にならないためにも、定期的な掃除するように心掛けましょう。

常にきれいな状態を保つことで日々の掃除のハードルも下がりますし、つまりの防止にもなります。なお、自分ではどうにもならない症状にまで達してしまった場合は、思い切って業者へ依頼することも検討すると良いでしょう。

業者へ依頼すると費用はかかりますが、知識や実績のあるプロに行ってもらうことで確実につまりを解消できます。また、何より安心して任せられるのではないでしょうか。

ページトップへ